C.P.A.ニュース

日本チーズが世界のTOP16に!「Word Cheese Awards2021」11月3日 スペイン、オビエド

2021年11月4日掲載

(速報)
国際チーズコンテスト
『World Cheese Awards 2021』

「翡翠(ひすい)」が
世界のTOP16に選ばれました。

「翡翠」は、長野県のアトリエ・ド・フロマージュで造られている青カビタイプのチーズ。国内のコンテストでは既に「Japan Cheese Awards 2020 金賞」「第12回 ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト 金賞」「Japan Cheese Awards 2018 銅賞」などを受賞している実力派チーズです。
https://www.a-fromage.co.jp/

今年で33回目となる『World Cheese Awards 2021(以下、WCA)』は11月3日(水)にスペイン北部の都市オビエド(Oviedo)で開催されました。世界最大規模のチーズコンテストには日本をはじめ45か国から、史上最高の 4,079品のチーズがエントリーされました。

日本のチーズは、前回(2019)大会に続き、2大会連続でTOP16入りを果たし、その品質を世界に強く印象づけることができました。
https://gff.co.uk/awards/world-cheese-awards/

今回「国産チーズ競争力強化支援対策事業」の取り組みで出品したのは全国25工房のチーズ37品。最終結果はオフィシャルの発表を待って、お知らせいたします。


令和3年度国産チーズ競争力強化支援対策事業
(独立行政法人農畜産業振興機構 後援)