C.P.A.ニュース

<業界NEWS> チーズ需給表(令和2年度)が発表されました

2021年7月23日掲載

2021年7月21日、農林水産省畜産局から令和2年度の『チーズ需給表』が発表されました。

1.チーズの総消費量
令和2年度(令和2年4月~3年3月)のチーズの総消費量は、前年度並みの360,704トン(前年度比+0.2%)となり、6年連続過去最高を更新しました。
内訳としては、ナチュラルチーズが217,179トンで、前年比はマイナス1.1%、プロセスチーズは143,525トンでプラス+2.1%となりました。

2. 国産ナチュラルチーズの生産量
国産ナチュラルチーズの生産量は、前年度を上回る47,564トン (前年度比+7.1%)と好調でした。内訳をみると、プロセスチーズ原料用がプラス9.8%、プロセスチーズ原料用以外がプラス5.0%でした。

3.輸入ナチュラルチーズの総量
輸入ナチュラルチーズの総量は、前年度を約4,500トン下回る282,454トン(マイナス1.6%)でした。
内訳としては、プロセスチーズ原料用が前年度比マイナス0.8%、プロセスチーズ原料用以外がマイナス1.9%でした。

以上のとおり、新型コロナ真っ只中の令和2年度でしたが、全体を眺めると、業務用チーズの落ち込みを家庭用需要がカバーしたかたちになりました。

『チーズの需給表』PDF